税理士法人 Bricks&UK Thailand

  • お問い合わせは052-228-0758
  • お問い合わせフォームはこちら

Make it BORDERLESS

御社は、タイ・バンコク支社の税務会計“実態”を『ホントに』把握していますか?

言語・文化・慣習。 全ての国境の問題を無くし、まるで、日本国内の税理士と顧問契約しているような安心感を、タイでも。

タイでも「正確」で「安心」な税務会計サービスを受けられたら。「力強い」事業経営支援サービスを受けられたら。きっと事業がうまく行く

タイでのビジネスを会計事務所がサポートしてくれたら。
海外の事業で不安なのは、会計税務だけじゃない。
ビジネスサポートまで実現して欲しい。
そんな経営者の不安を解決するために生まれたのが、Bricks&UK Thailandです。

About Bricks&UK Thailand
タイ支社の会計は正しいだろうという思い込みは危険

よくある税務代行じゃない本物の税務会計サービスを

タイ進出を続々と果たす日本企業。
しかし、そうした日本企業の支援を行うべき会計事務所の進出は遅れています。
そして、特に遅れているのが、中小企業の支援を行うべき税理士法人の進出。

Bricks&UK Thailandは、日本で中小企業支援に豊富な実績を持つ税理士法人Bricks&UKが、タイで日本と同様の「本物」のビジネス支援を行うために設立した、本格的なタイでの会計事務所です。

Our Services

最新情報

BUK Group 2014.04.01
Bricks&UK 名古屋事務所のビル名が「名古屋丸の内平和ビル」に変わりました。
BUK Group 2014.02.10
Bricks&UK バンコク事務所のホームページがグランドオープン!

Dictionary of Taxation Business in Thailand

タイ税務事情辞典

  • 事業主体

    タイでは事業主体として、株式会社とパートナーシップの選択が可能です。

    日本ではなじみの薄いパートナーシップですが、タイでは比較的多くみられる事業主体です。但し、…>続きを見る

  • まずは商号の予約を

    タイでの会社設立に際しては、まずは商号の予約申請が必要となります。
    類似商号が無いことを確認し、商号の予約許可を得たのちに会社登記を行います。その際、商号予約許可の有効期間は…>続きを見る

  • 基本定款の登記を行います

    タイの会社設立登記は2回に分けて行われます。
    商号予約の後に行う最初の登記を基本定款登記と言います。この基本定款登記にあたって下記の事項を決定しておく必要が…>続きを見る

  • 外国人の会社設立に規制

    タイには、外国人事業法(Foreign Business law)があり、外国企業(発行済株式数の50%超が外国人または外国人によって株式の過半数を保有される企業に保有される会社)がタイ…>続きを見る

  • 法人税の仕組み

    タイの法人税の税率は20%です。
    税率という点では日本よりも有利な税率となっています。 タイにおいて、日本と大きく異なるのは「中間納税申告書」の提出を必須とする点…>続きを見る

  • BOIの活用をお勧め

    BOI(Board of Investment、投資委員会)は、海外からの投資を促進するためのタイ政府機関です。 委員会の議長はタイ首相が務めています。BOIは投資促進のため、税制上の優遇など様々な特典を設けて…>続きを見る

  • 決算書類の提出先

    日本国内では、証券取引所等に上場していない企業の決算書類の公的機関への提出先は税務署のみとなっていますが、タイにおいては提出先が税務署のみに止まりません…>続きを見る